テレビ局で働きたい人へ。テレビ局中途採用の体験談、口コミ・評判

マスコミ&エンターテインメント求人情報が500件以上!⇒放送・映像業界への転職ならマスコミ求人.COM

テレビ局の中途採用は難しい?

テレビ局の中途採用を希望する人は多いと思います。テレビ局の正社員ともなれば、一部上場企業を超える給与などの待遇を得られるほか、マスメディアの花形の仕事ができるとあって希望者が殺到しています。


もちろんテレビ局への新卒の応募の倍率も高いのですが、テレビ局としては熾烈な視聴率競争に打ち勝つため、外部からの人材登用にも積極的です。そのためテレビ局は中途採用に力を入れ、転職希望の有能な人を何とか取り込もうと力を入れています


特に、フジテレビは伝統的にテレビ局の中で中途採用を早くから行ってきました。それに習ってTBS日本テレビもテレビ局として中途採用を積極的に行っています。NHKも定期的に中途採用を行っています。


なお、テレビ局の中途採用で、キー局での正社員へのキャリア採用については、よほど有能で視聴率獲得に貢献できる要素がないと採用が難しいといわれています。

テレビ局が中途採用で募集している仕事は?

テレビ局の中途採用で募集している仕事は、番組制作などの技術職、プロデューサー、アナウンサーなどの花形の職種から、経理などの裏方の職種まで様々です。また、テレビ局といってもキー局から地方の小さな局までありますので、募集はそれぞれ多岐にわたります。


テレビ局に中途採用で入ろうとされるからには、相当の思い入れがあると思いますので、そのやりたいことによって様々な戦略が考えられるでしょう。


まず、番組制作の分野ではそれなりのスキルや実績が必要とされますし、テレビ局は視聴率が命とされますのでその熾烈な競争に負けない精神力も必要です。また、アナウンサーを目指すなら10社落ちるのは当たり前の世界と言われていますので、とにかく求人に貪欲に応募する粘り強さが必要でしょう。また、番組制作に携わりたいなら、キー局などでは分社化したり制作会社に外部発注している場合も多いのでそちらの中途採用をあたってみるのもいいでしょう。

テレビ局への転職で必要なものは?

テレビ局への転職で必要なものといえば、いろいろと挙げられます。テレビの世界は一見華やかに見えますが、内部では視聴率競争のために役に立たなければ駐車場係にまわされると揶揄されるくらい、熾烈な競争社会の業界です。何よりそんな風土の業界に溶け込むには仕事のスキルや情熱だけではなく、精神的なタフさや処世術などのずる賢さも求められるようです


もし、そんな熾烈な競争社会のような風土の合わないと思う人は、地方の小さなテレビ局制作会社、給料は安いといわれるNHKなどに応募することをおすすめします。


現在、テレビ局の正社員で高給をもらっている人でさえ、そこを逃げ出し他局の中途採用試験を受けようとしているくらいですから、よほどの不退転の決意で臨むことが必要です。

マスコミ&エンターテインメント求人情報が500件以上!⇒放送・映像業界への転職ならマスコミ求人.COM